壊れても修理しよう

今の日本でも、環境のことを考えてリサイクルが推進されています。
ですが江戸時代は、もっとリサイクルの力を入れていました
使っているものが壊れても、そう簡単に捨てないで何度も修復して使っていたと言われます。
ですからものを修理するお店が大繁盛していました、
雪駄やちょうちん、さらに瀬戸物も修理して使っていました。
修理できるものは直すことで、無駄なゴミが増えることを避けられます。
また新しく買わなくても良いので、お財布にも優しいですね。

再利用するのは、今の日本でもあります。
江戸時代には紙くずを拾って、再利用している業者がいました。
紙は回収したら、再び紙として生まれ変わります。
トイレットペーパーに生まれ変わることが多かったようですね。
また古着を回収する業者も、江戸時代から存在しています。
着られなくなった古着を買取り、それでも買い取る人がいなかったら雑巾や赤ちゃんのおしめにするなど、無駄を徹底的に省こうという風蝶でした。

どうしても捨てなければいけないものは、まとめて燃やして灰にしていました。
灰は、農作物を育てる時の肥料に使えます。
同じように糞や尿も、いい肥料になるので回収して再利用されていたようです。
使わなくなったほうきを解体して今度はたわしとして使うなど、江戸時代の人は捨てる行為を極力避けていました。
今は、使わなくなったらすぐ捨ててしまう人がいるでしょう。
そんな生活を改めて、江戸時代の人を見習ってください。

何でも再利用する意識

江戸時代の人は、使用しているものが壊れたら、修理して使っていました。 ものを修理する、専門の業者がたくさんいたと言われます。 捨てない精神は、リサイクルに繋がるので現代の日本でも活かせますね。 どんなものを修理して再利用していたのか、詳しく調べましょう。

極限まで再利用していた

紙を回収することで、トイレットペーパーなど新しい製品を生み出すことができます。 今は機械で紙を別の製品にしていますが、昔はすべて手作業でした。 また着なくなった服を回収して、必要としている人にあげたり、雑巾やおしめとして利用していた光景が見られます。

いらないものはまとめて燃やす

どうしても使い道がないものは、一気にまとめて灰にしていました。 その灰だって、使い道があります。 灰は肥料にもなりますし、染料や洗剤にも使用されます。 江戸時代の人にとって、なくてはならないものです。 農作物を育てている人は、糞尿が大事な肥料になっていました。